運勢を占う

ホロスコープで見る占い

ホロスコープで見る占いについて

ホロスコープで見る占いについて ホロスコープとは西洋占星術の基本となるもので、ホロ(時間)をスコープ(見る)するという、古代バビロニアにてカルデア人により考えられた学問です。
現在日本においてよく知られる星占いは、のちにローマ・ギリシャに伝わったものであり、これを簡略化したものが12星座占いとなります。
具体的には、その人の生年月日、生まれた場所(緯度経度)から、誕生したその時に太陽系の天体がどの位置にあったかということから、その人の性格から運命といったさまざまな事柄を読み取ります。出生時間が分からない場合でも暫定的にホロスコープは描けますが、正確な生まれ時間を加えることにより、その人専用のものが出来上がります。
星読みとは、特定の時間(出生日時)に同時多発した出来事を読み取っていくので、12星座占いはこれの統計によるものなのです。
ホロスコープで使用するのは太陽系の10天体で、太陽は基本的な性格、月は素の姿、水星は頭脳的な部分、金星は恋愛と物質的な部分、火星は情熱や闘争な要素、木星は社会的な要素、土星はコンプレックスや試練、天王星はオリジナリティ、海王星は直感的な要素、最後に冥王星は絶対性のある要素があるということを意味し、これらを総合して解釈します。

ホロスコープの占いはとにかく当たる!

ホロスコープの占いはとにかく当たる! 人は生まれたその日から運命が決まっていると言われています。そのため、生年月日を用いるホロスコープ占いはよく当たると言われているのです。
ホロスコープは、生まれた日と、月などの動きによる運命の変動を併せてその人の運勢を読み取ることが出来ます。
人が生まれる時は満ち潮で亡くなるときはひき潮が多いと言われているのも、この月による運命の変動が要因であると言えるのです。
非科学的だと言われている占いですが、実は地球の動きが密に関連しているホロスコープ占いでは、生まれた年、月などを細かく分析することから始まります。
ホロスコープの多くは分析結果から運命を図面にし、地球の動きよって変わる運命を知ることが出来るため、科学の力が必要とされるのです。
ホロスコープがよく当たると言われているのは科学の力によって占うことから、より適切で明確な答えに導くことが出来るためと言っても過言ではありません。
運命を知りたいならホロスコープがおすすめです。

注目サイト

牡蠣を通販で買う

2017/11/16 更新